医院を開業する方のおすすめサイト

医院とは

疾病や疾患に対し医療を提供し、病人を収容する施設のことです。ただし、医療法上、一定規模以上の医療機関を病院といい、小規模のものは診療所として病院との呼称を使えないことになっています。

 

医療法という法律で、病院と医院とは明確に区別されており、医療法によって、患者を20人以上収容する医療機関を病院と呼びます。

 

その中でも特に、100人以上の患者を収容でき、診療科目に、内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科を含む医療機関を総合病院といいます。

 

ただ、総合病院と呼ばれるには、そのほかにも、図書室や研究室などの設置も義務付けられています。その反面、診療所とは、患者19人以下、または収容施設を持たない医療機関を指します。

 

クリニックというのは、診療所の別称で、設備等の要件は診療所と同じです。ちなみに、例外もあり「順天堂大学付属順天堂醫院」は総合病院の要件を持っているにも拘らず、ここは昔ながらの醫院という名前を守っています。

 

また、中国の医療機関の場合は「病院」という名称を用いずに「医院」という名称を用いている場合がほとんどです。

 

また、病院と診療所では初診料・再診料が変わってきます。病院は、診療所や200床未満の病院で、より専門的な治療が必要と判断された人が、医師の紹介状を持って行く病院と位置づけられ、紹介状を持たないで行くと特別料金を取られることが多いです。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

病院や診療所との関係

診療所と病院は、診療所が外来中心、病院は入院中心と機能分担し、相互連携により患者の診察・治療をスムーズに行います。診療所は、病気の初期治療や安定期の治療、また在宅の患者の治療を主として担当し、病院の専門医は、より重く複雑な病気の患者の治療や高度医療機器を使用した診断を担当します。

 

診療所から病院への関係は、何か身体の症状に異変がある場合は、近くの診療所やかかりつけの医院にかかります。診療所では診断のうえ、専門的な治療や入院が必要な場合には、患者と相談し、適切な病院を紹介してくれます。その際に紹介状をもらいます。紹介状には、病気の経過、それまでに使った薬や検査の結果などが記載されており、診療所から病院に引き継ぐ時の大切な情報となります。また、病院から診療所へは、病院での入院、治療後、症状が安定し外来や往診だけで済むようになった場合には、患者の近くの診療所やかかりつけ医に入院中の経過などを報告し、その後の対応をお願いするなどの連携を取っています。

 

このように、病院・診療所の役割分担はあるのですが、実際には、患者の大病院志向が強く、大病院に集中する事で診療が混雑してしまうという現象になっているのが現状です。しかし、以上のような違いを理解し、症状に合った医療機関を選ぶことが、賢い利用法と言えるでしょう。

 

まずは医学部へ

医学部のうち、医学科は日本全国に80あり、いずれも一学年100人程度と少人数で編成されています(「近年難化を示す医学部入試」というふうに、大学受験において「医学部」といえば、通常「医学部医学科」のことをさしています。)。入学志望者の競争倍率は高く、受験者には過年度生が他学部と比べて非常に多く、3浪以上の多浪生も珍しくないです。医学部は医師免許を取得できるため、浪人や留年や休学や再受験等で、卒業までに要した年数が合わせて3年以上余分であっても、他学部に比べると就職で大きく不利になることはありません。また、純粋な浪人生だけでなく、一旦社会人として就職しているにも関わらず志望する人や、既に他学部に入学、もしくは中退や卒業をしているにも関わらず志願する人も多いです。それ故、20歳代後半や30歳代で、医学部に入学する人も数多く、医学部の学生の平均年齢は非常に高齢傾向にあると言えます。

 

医学部卒業生の生涯賃金は同等の偏差値の他学部卒業生より低いという主張があります。また「高給の医師」というイメージの先行もあり、高所得を希望して 医学部を志望する受験者も多いです。また、卒業後の医師の過酷な生活や労働環境について正確な知識を持って医学部を志望する受験者は少なく、情報公開の遅れが結果的に誇大広告になっている点を指摘する声もあります。