ドラッグストアの医院開業に関するお役立ちサイト

医院開業に関するお役立ちサイト

医院開業立地のひとつに、医療ビルや医療モール(クリニックモール)、医療ビレッジ(メディカルビレッジ)があります。異なる診療科目の医院が複数同居する開業形態です。80 年代に欧米ではじまり、その後、日本では 90 年代に集合形式の開業形態として登場しました。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

「医療ビル」
医療ビルは、同一ビルの複数階に異なる診療科目の医師が入居する開業形態です。患者(例えば子供を持つ母親や、介護老人をかかえる家族等)にとっては、複数の専門医をワンストップで受診できることと、専門医ならではの高度な治療や医療ネットワーク享受できるメリットがあります。

 

「医療モール」
医療モール(クリニックモール)は、異なる診療科目の医院が同じフロアーに隣接して入居するタイプです。医療ビルと違い、エレベーターや階段での上下移動が不要で、体の不自由な方や子供も含めて、さらに利便性の高い開業形態と言えます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

「医療ビレッジ」
医療ビレッジ(メディカルビレッジ)は、戸建ての医院が隣接して集合形式をなしているタイプで、自由なレイアウトでクリニックを作ることができ、住居兼用とすることも可能です。ただし、医療ビルや医療モール(クリニックモール)と比較して、医院間の移動距離がやや長くなり、悪天候時の移動などにおいては患者にとってデメリットとなることもあります。

 

薬剤師 就職