ドラッグストアの医院開業に関するお役立ちサイト

医院開業に関するお役立ちサイト

開業場所が決まれば、今度はそこで医院を開業するのに必要な資金の調達です。土地の購入、テナントの入居費用、建築・内装費用、診療機器・什器や人件費。開業するにはいといろとお金がかかります。自分の貯金だけでまかなえる人はほとんどいません。そこで、足りない分を用意しなければいけません。それが資金調達です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

借入先については、福利医療機構、や国民生活金融公庫、県のスタートアップ資金、地域の医師信用組合、民間の金融機関などがありますが、福祉医療機構については、施設数過剰地域での融資は不可とされています。一般的に利用されているのは国民金融公庫や民間の金融機関が多いです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

国民生活金融公庫は、不動産担保があるか、ないかにより融資が変わってきます。特徴としては低利は固定金利になります。各県のスタートアップ資金は、こちらも低利の無担保融資になるのですが、自己資金等がないと受けられませんし、その額によっても制約がでてきます。地域の医師信用組合の融資は、県によって条件が違います。無担保でも大丈夫であったり、不動産の評価融資を担保評価額から減額せず全額融資OKにするなどそれぞれのようです。民間の金融機関は、大手銀行や地銀が一般的です。この場合銀行により、新規開業の融資商品を開発していたり、医療のチームを設けている銀行もあります。銀行によって金利、期間や担保、条件等が変わってきます。

 

薬剤師 就職